SSTのコーチング1

ペアレントトレーニングとは

ペアレントトレーニングはお子さんの“行動”に焦点をあて、
発達障害児童の“しつけ”や“育て方”を学ぶための保護者向け支援プログラムです!

お子さんの特性を理解しようと努力しているにも関わらず、このようなことになっていませんか?

発達障害(LD、ADHD、自閉症スぺクトラム等)を抱えるお子さんはその特性のため、保護者や周囲の大人達から叱責されることが多く、その積み重ねがやがてお子さんの自己肯定感を損ない、非行や不登校、いじめ、家庭内暴力、引きこもりといった二次障害を引き起こしやすくなります。
二次障害を防ぐためには、まず保護者が子どもを叱ってばかりいる自分の教育方法を変える必要があります。

お子さんの「行動」に注目し、「結果=親の対処の仕方」を変える

行動のABC分析

行動のABC

1.先行状況(Antencedent)・・・お子さんの問題行動が起こるきっかけ、場面
2.問題行動(Behavior)・・・お子さんが起こした問題行動
3.結果(Consequence)・・・問題行動に親が対処した結果、発生した状況

ペアレントトレーニングとは、お子さんの「行動」に注目し、「結果=親の対処の仕方」を変えることで、お子さんの問題行動を減らし、好ましい行動を増やすという考え方の子育て支援プログラムです。
さらにコーチング1では通常のペアレントトレーニングに加え、中学・高校受験を含む学習指導に関するノウハウを盛り込んだプログラムにしています。

日本では「肥前方式」「鳥取形式」「精研式・奈良方式」という3つのペアレントトレーニングが主流ですが、共通する考え方は以下の通りです。


ペアレントトレーニングのポイント

しかしながら、一般的なペアレントトレーニングには“限界”があります!

生活面や単純な行動を行わせるには非常に有効ですが、学習という複雑かつ総合的な行動を行わせる場合、保護者に「特性に応じた学習指導のノウハウ」が無いと「行動の分析・分類・理解」「褒める」「適切な指示を出す」ことができないからです。
また、このような複雑かつ総合的な行動の場合、個別具体的な対策が必要になりますが、一般的なペアレントトレーニングではグループワークになるため、この点が不十分です。

「ペアレントトレーニング+学習指導のノウハウ」の独自プログラム

コーチング1ではこのペアレントトレーニングの限界を踏まえ、子供の問題行動を減らすこと、そして親の間違った子育て方法・教育方法を正すことに重きを置いている「精研式・奈良方式ペアレントトレーニング」を基に、特性に応じた学習指導のノウハウを盛り込み、完全マンツーマンで保護者を目標達成に導きます。

さらにコーチング1の「個別指導塾・家庭教師による学習指導」「ソーシャルスキルトレーニング(SST)」と組み合わせることによって、お子さんの学力や社会性、コミュニケーション能力の般化が促進します。


ペアレントトレーニングカリキュラム


当社のペアレントトレーニングの特徴

「個別指導塾・家庭教師による学習指導」「SST」と組み合わせ自由(首都圏・関西圏エリア限定)
・「通塾」だけでなく「Skype等によるWEBでのサービス提供」も可能なため、全国対応可能
・一般的なペアレントトレーニングでは不足する学習指導のノウハウが盛り込まれている
全10回のプログラム構成で、希望に合わせて週1回から月1回まで受講ペースを選択できる(1回あたり30分から45分程度)
完全マンツーマンなので、お子さんの特性への配慮ができる
完全マンツーマンなので、質疑応答が自由にできる

※発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)と確定診断を受けていないグレーゾーンのお子さんにも対応可能です。
※WISCやK-ABC等の診断結果があれば、参考にさせていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする