SSTのコーチング1

ADHDとソーシャルスキル

ソーシャルスキルとは人間関係や集団行動をうまく営むための社会的技能のことです。
注意欠陥・多動性障害(ADHD)、もしくは注意欠陥・多動性障害(ADHD)傾向があるお子さんの多くは、ソーシャルスキル(社会的技能)の困難を抱えています。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、主に物事に集中することができず、忘れ物が多い「不注意」、落ち着きがなく、じっとしていることができない「多動性」、思いついた行動を唐突に行う、順番を待てない「衝動性」という特性を持つ発達障害です。
特性の現れ方や程度にはかなり個人差がありますが、概ね以下の3つに分類され、いずれかに該当する場合に「注意欠陥・多動性障害(ADHD)、もしくは注意欠陥・多動性障害(ADHD)の傾向がある」と見なされます。

注意欠陥障害・多動性障害(ADHD)を抱えるお子さんの場合、実行機能の低下をはじめとする脳の器質的・機能的障害が背景にあると考えられています。
実行機能とは、目の前の状況を把握して認知する力、順序立てて考えをまとめる力、衝動的に反応して行動せずに熟考する力、現在の状況と過去の記憶を照らし合わせて判断する力、実行に移る前に順序立てる力のことです。
この実行機能が障害されているために、多動性や衝動性、不注意が引き起こされると考えられています。

そしてこの実行機能はソーシャルスキル(社会的技能)にも大きな影響を及ぼします。
すなわち、「注意力散漫になり、目の前の状況を把握・認知しない」「衝動的に反応して突発的な行動をとってしまう」「過去を振り返ることができず、同じ失敗を繰り返す」「先のことを予測して実行しない」などの不適応行動が生じ、しばしば周囲との軋轢を生みます。

加えて、 この特性を持つお子さんは周りから注意・指摘されることが多くなり、自己肯定感が損なわれやすいので、特に注意が必要です。

このソーシャルスキル(社会的技能)の困難を改善するために、ソーシャルスキルトレーニング(SST)が必要となります。
ソーシャルスキルトレーニングはこちら

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする