SSTのコーチング1

不登校対策

発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)を抱えるお子さんは、独特の感性や感覚をもっています。
この感性のズレから、コミュニケーションや集団行動がうまくできず、いじめられてしまうケースがあります。
また、いじめられなくても学校の環境にうまくなじめず、不登校になってしまうことがあります。

不登校になったとき、強引に学校に行かせることは逆効果です。
お子さんのストレスを増大させ、引きこもりや精神疾患などの深刻な状況に陥ることさえあります。
無理に学校に行かせるよりは一度休ませて、落ち着かせましょう。
その上で、学校に行きたくない理由を分析・把握し、対策を考えましょう。

以下はコーチング1へ相談が多い不登校の理由と対応例です。

不登校には様々な原因が考えられますが、発達障害によるソーシャルスキルの困難が原因の一つであれば、早めにその不安を取り除くことをお勧めします。(不登校は長期化すると解決が困難になるため)
コーチング1では、完全マンツーマンによるソーシャルスキルトレーニング(SST)を受けられるため、落ち着いた環境で受講することができます。問題解決の初めの一歩として、ご利用ください。

※発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)と確定診断を受けていないグレーゾーンのお子さんにも対応可能です。
※WISCやK-ABC等の診断結果があれば、参考にさせていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする