SSTのコーチング1

ASDとソーシャルスキル

ソーシャルスキルとは人間関係や集団行動をうまく営むための社会的技能のことです。
自閉症スペクトラム(ASD)、もしくは自閉症スペクトラム(ASD)傾向があるお子さんの多くは、ソーシャルスキル(社会的技能)の困難を抱えています。

自閉症スペクトラム(ASD)はアスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害などを包括した概念で、対人関係や他者の気持ちの推測力など、心の理論の欠如が主な原因とされる

のことです。(知的障害および言語障害は比較的少なく、特定の分野への強いこだわりを示したり、運動機能の軽度な障害も見られたりするケースもあります。)

これらの全てもしくはいずれかに該当する場合、「自閉症スペクトラム(ASD)、もしくは自閉症スペクトラム(ASD)の傾向がある」と見なされます。
つまり、自閉症スペクトラム(ASD)の特性はソーシャルスキル(社会的技能)の困難に大きく影響します。

具体的には、「相手の視点に立てない」「相手の気持ちを察すことができない」「場の空気を読むことができない」など相互のやり取りができないために、集団行動やコミュニケーションに困難が生じることがあります。
また、「こだわりが強い」「興味の幅が狭い」「パターン化されたことを好む」などの特性によって、他の考えや方法を受け入れたり、物事の変化に対応して考えや行動を切り替えることにも困難が生じやすいです。

このソーシャルスキル(社会的技能)の困難を改善するために、ソーシャルスキルトレーニング(SST)が必要となります。
ソーシャルスキルトレーニングはこちら

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする